メンテナンスブログ

Daily Blog

タイヤプレッシャモニターとは?

TPMS (タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム Tire Pressure Monitoring System)とは、自動車のタイヤ空気圧を常時モニタリングするシステムです
画像のような鍋の中に!マークが付いているのがTPMSの警告灯です。
2007年以降のアメリカ車は完全義務化されておりすべての車両に導入してあります。
でもとくにタイヤに問題がなければ見た目のうざさだけなので気にせずに乗ってる人ばかりですよね? 並行輸入車でホイールを変えたりすると確実にONします。
できれば消したいですよね^^
ですがテスターがないとほぼ消せません。センサーのIDを入力させなければいけない車もあります。
ひとつひとつのホイールについたセンサーを車に認識させると消えます。
でも空気圧までインフォメーションセンターで確認できるから便利ですね。
当社でもTPMSテスターを導入しました。気になる方は担当、足立迄ご連絡ください。
センサーは別途必要になります。

ブログカテゴリー
年月別
編集ライターご紹介
Layer31
アダチ
足立(アダチ)工場責任者
セールスマネージャー(2級整備士)
平成14年4月採用 

ブログトップへ戻る